みにまるなひげ

物も仕事も生き方も、シンプルに、あったかく。

ENEOSでんき「Vプラン」にしてみました。四国電力「従量電灯A」との料金比較。

f:id:higeusen:20190116181718p:plain

愛媛から埼玉への引っ越しを機に、それまで利用していた四国電力から、新たな電力会社へ変えることになりました。

「せっかくの電力自由化だし」と、東電以外の電力会社を調べ始めたものの、数も多いし、引っ越し日まで2週間という状況だったので、あまりここだけに時間を割きたくなかった私。

そんなとき、ちょうどENEOSでんきのキャンペーンを見かけたので、サイトで料金プランをざっくりと確認して、そのまま即決。ネットから申し込みました。

ENEOSでんき「Vプラン」にしてみました。 

料金については、なんとなく「関東は高い」というイメージがあるので、とりあえず今までと同じ程度の料金ならば良し、とします。

今回契約した「Vプラン」の(電力量)料金設定は、四国電力の「従量電灯A」とほぼ同じ。

基本料金(四電だと”最低料金”)はVプランのほうが400円ほど高いのですが、ひとまず許容範囲です。

契約を2年間継続する条件で、月々の料金が少し安くなる「にねんとく2割」(中途解約の場合は解約金1080円/税込)というオプションもありましたが、

いつまた引っ越すかわからないのと、なによりライフラインにまで「2年縛り」はつけたくないなあ、と思い、オプションなしで契約しました。

引っ越し日当日もすんなり電気開通。

申し込みから引っ越し日まで2週間程度しかなかったこともあり、確認の電話がかかってきたり、開通が遅れたり…と、多少もたつく可能性も考えていたのですが。

なにも問題ないままに、指定日に新居でブレーカーをONにしたら、すんなり開通しました。

引っ越しって、ただでさえ色んな手続きで立て込んでしまうので、「余計な手間がかからない」のはとてもありがたいです。

四国電力「従量電灯Aプラン」との料金比較。

それまで愛媛で利用していた四国電力の「従量電灯Aプラン」と、1か月分の電気料金の比較をしてみます。

f:id:higeusen:20190116173209p:plain

こちらが四国電力。
12月~1月の料金は8,821円(347kWh)。

f:id:higeusen:20190116173217p:plain

こちらがENEOSでんき。
同じ時期の料金は8,854円(358.19kWh)。

料金・使用量ともに、「同じくらい」という印象です。

まとめ:ENEOSでんき、「有り」です。

他社とほとんど比較検討しないままに、タイミングと勢いだけで契約したENEOSでんきでしたが、

申し込みから、サイトの見やすさ、四国電力と比べたときの料金まで、総じて好印象です。

四国電力を関東で利用した場合の料金も気になるので、次に引っ越す際はENEOSでんきから四国電力に切り替えるつもりですが、それがなければENEOSでんき継続も充分有りだと感じています。

なにより好みなのは、料金確認のためのお客様ページの見やすさ。

料金比較も大事ですが、「わかりやすい」もやっぱり大事です。

ENEOSでんき

関連記事はこちら

www.higeusen.com

www.higeusen.com

www.higeusen.com

www.higeusen.com

www.higeusen.com