みにまるなひげ

物も仕事も生き方も、シンプルに、あったかく。

4年間の不登校経験者が後輩に告ぐ。学校なんて休んでも人生困らないから四の五の言わずに休めー!

f:id:higeusen:20180826110541j:plain

こんにちは。ひげです。

 

もうすぐ夏休みが終わる8月下旬。

 

夏休みが始まった7月には、

「2学期からはちゃんと学校行くぞ…!」

と思っていた不登校生のみんなも、

 

「ああ…もう夏休みが終わる…

学校行きたくない…」

と、憂うつになっている時期だと思います。

 

わたしも学生時代に4年間、不登校をしていたので、

この時期はいつもプレッシャーでした。

 

学生の自殺が一番多いのも、

2学期がはじまる9月1日とのこと。

 

そんなもったいないことをしてしまう前に、

元不登校生の大人からみんなに伝えたい。

 

学校なんて休んでも人生困らないから

四の五の言わずに2学期も休めー!!

 

大人になった今、

不登校なんて傷でもなんでもなくて、

むしろ「あ~そんな時期もあったなあ!」

と懐かしく思う程度です。

 

というか普段はそんなことスポーンと忘れてます

わたしの不登校スペック。

「不登校」や「いじめ」という言葉が普及する前、

「ガラケー」すら生まれてなくて、

学校のパソコンは「windows98」だった20年ほど前に、

小学校から中学校までのトータル4年間、

不登校をしました。

 

毎日楽しく学校に通っていた中、

小学4年になったとき、

担任の先生に嫌がらせをされるようになり不登校開始。

 

親を通して学校と話し合ってもらうも、

担任の先生は「知らない」の一点張りで解決せず。

2学期から転校することに決める。

 

転校して間もなく、

同級生の女子たちから無視されるようになり、

数か月もたずに再び不登校に。

 

中学も、小学校と同じ同級生がそのまま繰り上がるので

いじめっこたちと離れることはできず、

2年間不登校に。

 

そこから急に謎の吹っ切れ覚醒が起きて、

(いまだに謎)

中学3年のときに開き直り登校を始め、

学校復帰しました。

学校は「社会の縮図」じゃない。

社会に出て働き始めると、

「給料が低いから」「やりがいがないから」

「職場環境が合わないから」

「結婚して家庭に入るから」

「遠方に引っ越すから」なんて理由で、

いくらでもバイトや就職先を変えられるし、

やめることができます。

 

自分の意志だけで

簡単に転校できない・やめられない「学校」は、

大人から見ると、かなり変わった環境です。

けして「社会の縮図」ではありません。

 

不特定多数との人間関係がしんどいなら、

外に出るのが怖いなら、

 

漫画家・イラストレーター・小説家・

フリーのライター・ブロガー・YouTuber・

webデザイナー・投資家

 

などなど、家に引きこもったままできる仕事は

いくらでもあります。

 

むしろ、

あなたを在宅フリーランスの道に進ませるために、

神様があえて不登校にさせているのかも!

くらいにゆったり構えてください。

 

社会に出ると、とても自由な世界が待っています。

「学校に行かないと社会不適合者になる」

というのは無意味な思い込みです。

勉強なんて学校に行かなくてもできる。

「皆勤賞だけど勉強が全然できない子」なんて

いっぱいいます。

びっくりするぐらいいます。

 

「学校行かないと勉強が遅れる」んじゃなく、

「勉強しないから勉強が遅れる」んです。

 

わたしは塾も行かず、家庭教師もなく、

学校の教科書とドリル、

書店で買った問題集5教科分を

家で気ままにやって、成績優良でした。

高校のときは学年トップです。

 

学校に行くのと勉強の良し悪しは全く関係ありません。

 

今なんてネットがかなり身近にある分、

家で気軽に独学し放題です。不登校に優しい環境です。

あなたの人生なんだから親の言うことは気にしなくていい。

f:id:higeusen:20180815001136j:plain

あなたの親が、あなたの将来を心配して、

なんとか学校に行かせようとしたとしても、

あなたが行きたくないのなら行かなくていいんです。

 

わたしの場合は母子家庭の一人っ子で、

不登校時の母の対応は、

「休んでいいよ」と

優しくすんなり休ませてくれるときと、

「なんで行かないの!」と怒って、

無理矢理学校に行かせようとするときの

2パターンがありました。

 

わたしの対応も、

「意地でも行かない」とウジウジ家に居座るときと、

「お母さんが困るなら、行かなきゃいけないかな…」

と折れるときと2パターンです。

 

結果、親に気を遣って無理をしても、

学校に行きたくない原因が消えるわけじゃないし、

学校と親との板挟みで、さらにしんどくなるだけです。

 

親の気持ちより、

まずは自分の気持ちを大事にしてください。

 

ちなみに、もしあなたの親が、

あなたのことを心配しているのでなく、

「世間体を気にして」学校に行かせようとしているなら、

そんな親の言うことなんてくそくらえです。

10年たてばほぼ忘れ、20年たてばなつかしい昔話です。

学校を卒業して社会に出ると、

「いままで、なんて狭い場所で悩んでたんだろう」

とびっくりするくらい、広い世界が待っています。

 

10年たてば、当時の同級生はみんなバラバラになって、

顔を合わせる機会もなくなるし、

 

20年たてば、いじめっこの名前がすぐに思い出せないくらい

昔話になります。

 

泣きまくって、苦しんで、人生終わらせようかと思って、

相手を憎んで、怯えまくって。

そんなドロドロうつうつな気持ちも、今となっては

 

そんな時期もあったなあ~。

 

とほのぼのする程度です。

せっかくなら楽しい不登校ライフを。

「親に申し訳ない」とか

「ちゃんとしなきゃ」なんて思いつつ、

 

休みって最高に楽しいですよね!

 

わたしの場合は、

日中、親が働いていて家に一人きりだったので、

 

ゲームをしたり、絵を描いたり、

手紙を書いたり、本を読んだり、勉強したり、

お菓子を食べたり、昼寝をしたり、

ゴロゴロと好きなことをしまくっていました。

 

その後、大人になって漫画家/イラストレーターになって、

ブログを書いて、好きなだけ読書をして、

のんびり自由に暮らす人生を楽しんでいます。

 

「現実逃避」と言われていた好きなことが、

こうして将来につながっているので、

あなたも安心して、(と言っても、

明日の学校や将来の不安や親のプレッシャーで

ヒヤヒヤしながらだろうけれど)

不登校中の自由時間を好きに楽しんでください。

まとめ:あせる必要ゼロなので、落ち着いて。

とりとめもなく書いてきましたが、

とにかく伝えたいのは、

「学校は苦しんでまで行かなくてもいい」

ということです。

 

本当にあせらなくていいので、

2学期も3学期も、次の学年も、

安心して休んじゃいましょう。

 

今後も思い出せるかぎり気ままに、

いじめっこのその後や、当時の先生たちの対応、

ほかの不登校生との交流など、

不登校エピソードを書いてみようとおもいます。

ほかの記事

www.higeusen.com

www.higeusen.com

www.higeusen.com

www.higeusen.com

www.higeusen.com