みにまるなひげ

引っ越しの多いミニマリスト漫画家のブログ。

【ガラクタ整理】人によって管理しきれるアイテムの数は違うと再確認した話。

f:id:higeusen:20190109182200j:plain

昔から掃除が嫌いでサボりまくっていた私。

掃除をするのは、人が来るときか、無性にやる気になったときだけでした。

「めんどくさがりだからしょうがないよな~」と思っていたのですが、断捨離をして家の物がグンと減った途端に、自然と掃除をするようになってきました。

「仕方ないから掃除」が「よし掃除しよう」に変化

いままでの「仕方ないから掃除するか…」という消極的な気持ちが、「よし掃除しよう!」という積極的な気持ちへと変化しました。

実は「そんなに掃除嫌いじゃない」可能性が出てきた

ずっと、「掃除自体が嫌いで面倒くさい」と思ってきたのですが、最近では、掃除に対する億劫な気持ちがなくなってきています。

掃除する物が多すぎて嫌になっていただけだった

掃除に抵抗がなくなってきた今、振り返ってみると、「掃除自体が面倒」というよりは、「物が多すぎて手をつけるのもしんどい」だけだったようです。

いままで、なんの問題もない「普通の所有量」だと思っていたのですが、自分にとっては管理しきれないほどキャパ超えしてたんだなあ、と感じています。

なのに、物を減らす発想がないまま、便利お掃除アイテムを買ってみたりして、さらに物を増やしていた私。

そりゃあガラクタも溢れるし、掃除も嫌になるよな、と思います。

まとめ

とはいえ「掃除大好き人間」に生まれ変わったわけではないので、水回りの掃除は相変わらず嫌いだし、寒い日は重い腰が上がらないので、サボりサボりお掃除しています。

関連記事はこちら

www.higeusen.com

www.higeusen.com

www.higeusen.com

www.higeusen.com

www.higeusen.com