みにまるなひげ

気づけばミニマリストになっていたイラストレーターのブログ。

【ガラクタ整理】気に入ってないもらい物の断捨離。

「気に入ってないもの」
「ずっと使ってないもの」
「ネガティブな気持ちになるもの」

は”ガラクタ”だとカレン本で読み、 

www.higeusen.com

「ああ…。あれもこれもガラクタだなあ…」とすぐに気づいたものの、処分するまでに勇気が必要だったのが、旅行のお土産や誕生日プレゼントといった、(消えもの以外の)「もらい物」でした。

物選びには、どうしても好みやこだわりがあるものなので、こちらから具体的な希望を出さない限り、好みど真ん中なものをプレゼントされる確率はとても低いわけで。

それが知人からのものならば、「まあ大丈夫かな」と処分しやすいけれど、友人からのプレゼントとなると、

もし家に来た時に「あのプレゼント使ってくれてる?」と訊かれたらどうしよう、とか「今度一緒に出掛けるとき、あれ付けてきてよ」なんて言われたら大変だから…と心配で、いままで処分できずに保管しつづけてきました。

自分が人にプレゼントする場合は、
「あげた時点で相手の物だから、即捨てられようと売りに出されようと全く構わない」と思っているので、逆にこちらも、好きに処分してもいいんじゃないか、と何度も考えたのですが。

私は元々「プレゼントを交換し合う」という習慣自体に興味がない、かなりドライなタイプなので、

「自分がマイナーなだけで、普通はみんなプレゼント好きなんだろうしなあ…。だから安易に処分したら傷つくだろうし怒るよなあ…」と、やっぱり保管しておくことに。

でも、今は「人生を一新する!」と決めて断捨離に取り組んでいるので、「これをきっかけに相手との関係が切れたとしたら、それまでの縁だったんだ…!」と、迷いと罪悪感を断ち切って、今回ばっさり処分。

そのときの解放感は本当にプライスレスでした。

今後は「プレゼントはいらない」と伝えるようにして、それを渋られた場合は食べ物や消耗品をリクエストしようと思います。

こちらが贈る場合も、具体的な希望がない場合は消えもののみで。

「他の人にとって、友人に消えものしか贈らないのは野暮なのかもなあ…」と気を回して、残るものを添えてたこともあったけれど、もうブレない。

理想はプレゼント交換自体をしない関係です。気楽な付き合いが一番。