みにまるなひげ

引っ越しの多いミニマリスト漫画家のブログ。

【生活音対策】ロジクールの静音マウス「M590」に買い替えました。

f:id:higeusen:20180918171718j:plain

引っ越してみたら、壁が薄くて隣の生活音が洩れまくる部屋だった…!

というわけで、それまで使っていたロジクールの「MX Master MX2000」から、クリック音が静かな静音マウス、ロジクールの「M590」に急きょ買い替えました。

「M590」を選んだ理由。

いろんな静音マウスを比較する余裕がなかったので、それまで使っていたマウスと同じ「ロジクール」の製品から選びました。

今回のマウス選びの条件5つ。

今回のマウス選びの条件は、

・クリック音が静か(最重要)
・Windows10対応
・ワイヤレス
・乾電池タイプ
・サイドボタンがある

の5つです。

「M590」パッケージ詳細。

f:id:higeusen:20180918171728j:plain

USBレシーバー接続とBluetooth接続どちらも対応。

f:id:higeusen:20180918171745j:plain

使っているノートパソコンはBluetooth対応なのですが、なんとなくいつもレシーバーをパソコンに挿して使ってます。

1つのマウスで2台のパソコンを行き来できる。

f:id:higeusen:20180918171752j:plain

わたしは1台しかパソコンを持っていないので使いようがない機能ですが、便利そうです。

クリック感はそのままに、音だけを90%以上軽減。

ここを見て購入を決めたようなものです。期待大です。

その他。

f:id:higeusen:20180918171759j:plain

保証期間は購入から2年間。

f:id:higeusen:20180918171804j:plain

保証は2年間です。

保証書はシールになっていて、パッケージに貼り付けられているので、保管がわりとめんどくさいです。

私は保管をあきらめて捨てちゃいました。

レシーバーが本体に収納できる。

f:id:higeusen:20180918171810j:plain

f:id:higeusen:20180918171815j:plain

電池カバーを開けると、レシーバーが収納できるようになっていました。

それまで使っていた「MX2000」にはなかった部分なので、小さな点ですがちょっとうれしい。

「MX Master MX2000」とのざっくり比較。

f:id:higeusen:20180918171820j:plain

f:id:higeusen:20180918171827j:plain

f:id:higeusen:20180918171833j:plain

f:id:higeusen:20180918171838j:plain

f:id:higeusen:20180918171843j:plain

「M590」のほうが良い点

  • クリック音が静か
  • レシーバーが本体に収納できる
  • 軽い
  • 充電するわずらわしさがない

「MX Master MX2000」のほうが良い点

  • がしっと持てる安定感がある
  • 腕が疲れにくい
  • さらりとマットな触り心地

「M590」の肝心の静音具合:ほんとに静か!

ほんとに静かです!

「MX2000」の、響くような「カチッカチッ!」音と比べ、
「M590」は、こもるような「ポチッポチッ」音といったかんじ。

指を立ててクリックするよりも、指を寝かせて、指の腹全体でクリックしたほうが、より静かな音になります

ただしサイドボタンは静音ではない。

f:id:higeusen:20180918171752j:plain

パッケージにも書かれていますが、静音なのは「左右クリック音だけ」なので、サイドボタンは「MX2000」と同じくらいの音の大きさでした。

生活音が筒抜けの物件では、サイドボタンは使わないほうがいいかもしれません。

普通のマウスよりは多少静かかな、と期待してたので、少し残念。

サイドボタンはできるだけ使わないようにしています。

まとめ

はじめて静音マウスを買ったのですが、ほんとに静かだったので安心しました。

これで思う存分クリックができます。(そもそも、そんな環境なのがあれですが)

関連記事はこちら

www.higeusen.com

www.higeusen.com

www.higeusen.com

www.higeusen.com

www.higeusen.com