みにまるなひげ

物も仕事も生き方も、シンプルに、あったかく。

薄くて軽くてシンプルな理想の長財布(札入れ)を発見!新調しました。【renoma HOMME / Reve】

f:id:higeusen:20181002143309j:plain

断捨離を始めてからずっと、薄くて軽くてシンプルで、デザインや色が好みの牛革札入れを探していました。

女性向けの長財布は「たくさん入れられる」厚めのお財布が多く、かといって男性向けの札入れを見ると、コードバン(馬革)や暗めの色が多くて、なかなか理想にたどりつけず…。

「薄い財布」で検索すると、アスメデルやアブラサスなどいくつか出てくるのですが、デザインや色が好みに合わず、保留にしていました。

そんな中、ついに惚れる札入れに出会ったので、つづっていきます。

こんな人向けの札入れです:私の財布との付き合い方。 

長財布とは別に、小銭入れも使っています。

普段の外出では長財布は持ち歩かず、小銭入れとスマホ(モバイルSuica)と鍵だけを服のポケットに入れている、という手ぶらスタイルです。

お札を2つ折りにするのはあまり好まないので、数千円以上のお札が必要なときと、遠出をするときだけ、バッグとともに長財布を持ち歩いています。

ポイントカードは作らないタイプです。

カードや電子マネーを使うことが多いので、お札は1ポケットに10枚入ればOKです。

今回の長財布選びの条件。

今回の長財布選びの条件は、

・薄い
・軽い
・シンプル
・牛革
・小銭用ポケットなしの札入れ
・ファスナーもボタンもなし
・暗すぎないナチュラルな色

です。

renoma HOMME(レノマオム)のReve(レーヴ)札入れ。

f:id:higeusen:20181002143309j:plain

今回、惚れた札入れがこちらです。

renoma HOMME(レノマオム)」というブランドの、「Reve(レーヴ)」シリーズ。

色は、現在(2018年10月)

・ブラック
・チョコ
・ネイビー

の3色があるようです。

私はチョコを選びました。(これしか目に入っていませんでした)

外側が茶色で、内側(裏地)が明るいベージュです。

サイズと重さと素材。

サイズ:横18.2×縦9×厚み1.2cm
重さ:約65g
素材:牛革(カーフスキン)

現在使っているiPhone7が138gなので、約半分の重さです。

開いた状態とポケット。

f:id:higeusen:20181002143315j:plain

ボタンやファスナーは一切なしのシンプルさです。

ポケットは、

・札入れ×2
・カードポケット×6
・フリーポケット×3

です。

私が普段、長財布に入れているカードがちょうど6枚、お札は1万円札とほかのお札を分けて収納していて、レシート等はその日のうちに財布から出して整理しているので、まさに必要充分なぴったりサイズです。

横から見た厚み。

f:id:higeusen:20181002143321j:plain

すっきりスリムです。

f:id:higeusen:20181002143327j:plain

開いた状態だとこんなかんじです。

柔らかい革なので、「く」の字にならず、ぺたっと素直に開きます。

反対側に折り返せます。

f:id:higeusen:20181002143333j:plain

柔らかな革なので、くるりと折り返せます。

ぐにゃぐにゃするほど柔らかすぎることもなく、絶妙に安定した柔らかさです。

カードを入れていると、それが「ちょっと硬い芯」のようになって、より開きやすく、持ちやすくなります。

旧・長財布との比較。

f:id:higeusen:20181002143338j:plain

旧・長財布とサイズ感を比べてみます。

旧・長財布は、小銭を入れるファスナーポケットがついたタイプでした。

重さは約180g。今回の札入れの約3倍です。
ショルダーバッグに入れて肩にかけていると、結構ずっしりきていました。

f:id:higeusen:20181002143343j:plain

横から見た厚みです。

旧・長財布が2.8cm、新・長財布が1.2cmです。

f:id:higeusen:20181002143348j:plain

別サイドから見た厚みです。

旧・長財布はボタンで閉じるタイプだったので、ちょっと「浮き」があります。

残念だった点を挙げるなら。

ここ最近は日本の素材、日本製を応援したいモードになっているので、海外製(フランスのブランド/中国製)なのが少し残念といえば残念。

そのくらいです。

まとめ:大満足です。

手に持つたび、軽さと柔らかさと、自然で明るい色味にうきうきしています。

2~3年でお財布を買い替えているため、完全なる理想に出会う前に買うことが多かったので、「惚れて買った」というのは初めてでした。

大満足です!

関連記事はこちら

www.higeusen.com

www.higeusen.com

www.higeusen.com

www.higeusen.com

www.higeusen.com