みにまるなひげ

引っ越しの多いミニマリスト漫画家「ひげ羽扇」のブログ。

【2021年】女性ミニマリストのクローゼットの中身【空間すかすか】

f:id:higeusen:20210625161026j:plain

2015年に物だらけの状態から断捨離を始めて6年。気がつけばミニマリストになっていて、断捨離もすっかり習慣になりました。

昔はトビラが閉まらないくらい物が詰め込まれていたクローゼットも、今では空間が余るくらいにスカスカになっています。

今回は、「女性ミニマリストのクローゼットの中身 2021年版」をご紹介します。

【全体】女性ミニマリストのクローゼットの中身。 

f:id:higeusen:20210527183622j:image

自分の部屋のクローゼット全体写真です。

これが私の持ち物の90%です。

上中下と3段あるうち、上段は脚立や背伸びが必要になってしまうので使っていません。

残り10%は、

・マットレスと枕(寝室)
・コート1着とジャケット1着(寝室のクローゼット)
・食器(キッチン)
・ハサミとテープとシュレッダー(リビング)
・掃除道具や脚立(廊下のクローゼット)
・テーブルとテーブル周りのもの


といった内訳になっています。

コートとジャケットはハンガーポールがついている寝室の(夫がメインで使っている)クローゼットに掛けています。

その他、シュレッダーや脚立などは、それぞれ使い勝手の良い場所に。

【下段】掛け布団。

f:id:higeusen:20210527183615j:plain

下段には掛け布団を収納しています。

中段にも置けるのですが、ちょっと窮屈な気がして、スペースの余裕を持って下段に。

ただ、下段ってホコリが溜まりやすい場所でもあるので、今後中段に置くようにするかもしれません。

【中段】帳簿類、収納かご、本、衣類、バッグ。

f:id:higeusen:20210527183619j:plain

中段がクローゼットの中身のメインです。

確定申告用の帳簿類。

f:id:higeusen:20210228042343j:plain

青い箱は確定申告書の控えや帳簿類が入っています。空いたスペースには自著コミックスやお仕事で関わらせていただいたビジネス書も収納。

青色確定申告関連の書類は7年間の保管義務がありまして、毎年、保管期間が過ぎた書類をシュレッダーかけするのが個人的な一大イベントになっています。

古い帳簿は結構分厚いのですが、ミニマリストになってからはかなり薄くなっているので、今後2、3年かけて、この青箱を3つにまで減らす予定です。

www.higeusen.com

収納かご。

f:id:higeusen:20201010184902j:plain

収納かごには、文房具や書類ポーチ、ハンディモップ、マスクなど、こまごましたものを入れています。

物だらけだったころは、棚の上もクローゼットの中もキッチンカウンターの上も収納カゴだらけでした。思い出せるだけでも8個ほど。そしてそのカゴと中身はすべて、ガラクタとして断捨離しました。

収納かご(特にフタつき)は、小物を気軽に放り込める上に、外観がすっきりして見えるので、中に何が入っていたか忘れてしまい、気がつけばガラクタまみれになりがちです。

収納かごを1つしか持っていない今でも、「そういえばこんなの持ってたっけ」と思うような、忘れられた小物が出てきたりするほど。そのため、収納かごは増やさないように気をつけています。

www.higeusen.com

本。

f:id:higeusen:20210429093251j:plain

続いては本。

2020年からアマゾンのKindle Unlimited(月額980円の電子書籍読み放題プラン)を利用し始め、電子書籍も結構読むようになったのですが、紙の本もあいかわらず大好きです。

良かった部分や参考になる部分はメモに書き残し、読み終えた本はメルカリに出品して手放しています。

保管しつづけている本は、断捨離のきっかけになったカレン・キングストンさんの本2冊のみです。そのため「本棚を持つほどでもないかな」と思い、引越しのタイミングで断捨離しました。(めちゃくちゃ気に入ってたんですけどね)

www.higeusen.com

www.higeusen.com

衣類。

f:id:higeusen:20210527183629j:image

衣類は1年分すべて、枕が入っていた袋に収納しています。(寝室クローゼットに掛けてあるコート1着とジャケット1着を除く)

長年愛用してきた衣装ケースがあったのですが、引越しのタイミングで断捨離しました。

新しい衣装ケースは現在のんびり探し中です。

とはいえ、充分この袋におさまっていますしコンパクトなので、「このままでもいいかも」とも思っていたり。

www.higeusen.com

バッグ。

f:id:higeusen:20210625174628j:plain

続いてバッグです。

外出時も両手が自由になるように、クロスボディタイプのバッグを選んでいます。

2016年から愛用しているのは日本の革小物ブランド「サロン・ド・アルファード」の3WAYバッグです。

「柔らかくて軽い本革バッグ」を探してたどりついたのがこのブランドでした。

ここ2年ほどは手ぶらで出かけることが多くなり、バッグの使用頻度は月1回あるかないかくらいですが、気に入っているのでまだまだ愛用します。

【公式】サロン・ド・アルファード

www.higeusen.com

その他紙類。

f:id:higeusen:20200105213359j:plain

青箱と本の間に立てかけてあるのは、取扱説明書を入れたファイルやA4コピー紙、封筒など、こまごまとした紙類です。

掃除道具や脚立は別のクローゼットに。

f:id:higeusen:20210527183625j:image

廊下のクローゼットはこんな感じです。

脚立や掃除機、その付属品などは、使い勝手のいい廊下のクローゼットに収納しています。

まとめ:持ち物が少ない生活はとてもラクです。

以上、「女性ミニマリストのクローゼットの中身 2021年版」をご紹介しました。

持ち物が減って身軽になったことで、引っ越しも気軽にできるようになり、気づけば2017年から2021年の間に5回引っ越していました。

まだ物だらけだったころ、新居に荷物を運ぶのが面倒で、前のマンションを借りっぱなしのまま3年以上放置していたのが嘘のようです。

www.higeusen.com

引っ越しをするたびに、荷づくりのラクさを求めてさらに持ち物をコンパクトにしていった結果、今に至ります。

持ち物が少ないと、引越し業者に依頼することなく宅配便だけで引越しができるので、それもメリットのひとつです。

業者とスケジュール調整する必要もなく、梱包できた順に発送できるのでダンボールに囲まれて窮屈に過ごす必要もなく、お財布にも優しくて便利です。

www.higeusen.com

そんな現在の断捨離の楽しみは帳簿書類を減らすこと。

紙の感触は大好きですが、荷物となると重いですし、古くなると黄ばんだり臭くなったりするので、ペーパーレス化は継続して取り組んでいます。

持ち物が少ないミニマルな生活はとてもラクで、一度知るとやめられません。私のようなずぼらなタイプには最適です。

関連記事はこちら。

www.higeusen.com

www.higeusen.com

www.higeusen.com

www.higeusen.com

www.higeusen.com

www.higeusen.com