みにまるなひげ

引っ越しの多いミニマリスト漫画家「ひげ羽扇」のブログ。

【2020年】女性ミニマリストの1年分の服の枚数すべて【まとめ】

f:id:higeusen:20200812133828j:image

クローゼットに収納しきれないほどのガラクタだらけ生活から断捨離を始めて5年。

「服はたくさんあるのに着る服がない」状態だった昔に比べ、2020年の今では普段から着回している服だけを厳選。枚数もかなり少なくなりました。

今回は、「女性ミニマリストの1年分の服の枚数と内容」をまとめます。

ワンピース:1枚 

f:id:higeusen:20200812133825j:image

まずはワンピースから。1枚だけ持っています。

上下の組み合わせを考える必要なく、これ1枚着るだけで着替えが完了。とてもラクです。

汗かきなので、ワンピースとトップスは冬でもノースリーブを愛用しています。

バッグを持たずに手ぶらで外出したいので、両脇にポケットが付いているかどうかが、ワンピースを選ぶときの最重要ポイントです。

丈はひざがギリギリ隠れる長さのものをいつも選んでいます。

トップス:3枚

f:id:higeusen:20200812133914j:image

つづいて、トップスは3枚。

ワンピースと同じく、汗かき対策のためにノースリーブを愛用。

春・秋はノースリーブの上にカーディガンやジャケットをはおり、冬はその上にコートを着ています。

近年は胸元が大きく開いていないデザインのものを選ぶようにしています。

インナー:2枚

f:id:higeusen:20200812133856j:image

インナーは2枚です。

ユニクロのブラトップを愛用中。便利すぎる…。

スカート:1枚

f:id:higeusen:20200812133900j:image

スカートは1枚。

ワンピースと同じく、両脇にポケットが付いているかどうか、ひざがギリギリ隠れる長さかどうかで選んでいます。

ここ数年はロングスカートが流行りのようで、このくらいの長すぎない丈ってなかなか見つけられないので貴重です。

ジーンズ:1本

f:id:higeusen:20200812133909j:image

ジーンズは1本。

5年くらい持ってる気がします。近年はスカート派になっているので、ほとんどはいていません。(この1年間で2回はいた程度)

カーディガン:2枚

f:id:higeusen:20200812133841j:image

カーディガンは2枚。

明るい色と暗めの色を1枚ずつ、どちらも1年中使います。

靴下:3足

f:id:higeusen:20200812133849j:image
▲左からショートソックス、ストッキング、タイツ。


靴下は3足です。

スカート+スニーカーの組み合わせが多いので、くるぶしまでのショート丈のものを愛用しています。

ストッキング:2枚

ストッキングは2枚です。

スカート+パンプスの組み合わせのときにはいています。

本当は靴下と同じく3枚持っていたのですが、先日爪で引っ掛けて穴が開いてしまったので、現時点では2枚でやりくりしています。

タイツ:2枚

タイツは2枚です。

ショートソックスやストッキングでは寒すぎる冬用として。

防寒のためでもあるので、素肌がほとんど透けない厚さ(多分80デニール)のものを選ぶことが多いです。

もう1、2枚あるとちょうどいいかな、と考えているので、今年の冬は買い足すかもしれません。

下着:1組とショーツ4枚

下着は上下1組とショーツ4枚です。

ユニクロのブラトップ+ショーツの組み合わせが便利すぎて、近年はこればかり。

パジャマ:1組+1枚

f:id:higeusen:20200812133837j:image

パジャマは1組+1枚です。

春と秋冬用に上下1組と、夏用にロングTシャツワンピース1枚を使っています。

朝にゴミ出しをした後、すぐに二度寝をする日もあるので、肌の露出具合や透け具合など、パジャマのまま外に出ても大丈夫そうなデザインのものを選ぶようにしています。

ジャケット:1着

f:id:higeusen:20200812133905j:image

ジャケットは1着です。

カーディガンだと寒いけど、コートを着るほど寒くない日に着ています。その他、ちょっとフォーマルな場面でも。

コート:1着

コートは1着です。

両脇にポケットが付いているのはもちろん、できるだけ軽いもの、シワになりにくいものを選ぶようにしています。

ストール:1枚

f:id:higeusen:20200812133834j:image

ストールは1枚です。

昨年までマフラーもストールも持っていなかったのですが、前回の冬が寒すぎた+誕生日プレゼントとして買ってもらえるとのことで、こちらを選びました。

小さめなバッグにも入る、薄めのストールです。ひざ掛けとしても使えるので便利。

ハンカチ:1枚

f:id:higeusen:20200812134019j:image

「服」ではありませんが、「身につけるもの」ということで、その他のアイテムもご紹介します。

まずはハンカチ1枚。

もともと2枚持っていたのですが、1枚は使い古して昨年捨てました。

ハンカチをちゃんと持ち歩く人になろう、と考えて4、5年前に買ったものの、あいかわらず全然持ち歩いていません。

靴:3足

f:id:higeusen:20200812133831j:image

靴は3足。

スニーカー1足、パンプス1足、サンダル1足です。

はき心地が良く、長時間歩いても足が痛くなりにくいものを選ぶようにしています。

パンプスは歩く時にかかとがパカパカと抜けないよう、アンクルストラップ付きのものを愛用。エナメル調のものを選んでおくことで、雨の日、水が染みやすいスニーカーの代わりにはけるので便利です。

サンダルは宅配便の受け取りでとっさに玄関先に出るときや、ゴミ出しや郵便受けのチェックのためにちょっとだけ外に出るときにはいています。

バッグ:2つ

f:id:higeusen:20200812133845j:image

バッグは2つ。

ショルダー(クロスボディ)バッグとトートバッグです。

ショルダーバッグのままだと肩からしょっちゅうずり落ちてしまうので、ベルトを長めにしてクロスボディ(ななめがけ)にして使っています。

購入時に、着脱可能な短めのベルトも付いていたので、ハンドバッグに切り替えて使うこともできます。軽い本革製で、4年くらい愛用中。

トートバッグは1年前くらいにイベント参加のノベルティとしてもらったものです。

ショルダーバッグに入らないサイズのものを持ち運ぶときに使っています。

バッグを持たずに手ぶらで外出することがほとんどなので、どちらのバッグもめったに使わなくなりました。(2週間に1度くらい)

ネットと実店舗、どちらで買うか。

ここ1、2年は、実店舗で買うことがほとんどです。

それまでは、実店舗に探しに出かけるのが面倒で、ネットで探してネットで買うことが多かったのですが、サイズ感や着心地など、画像で見るだけじゃ分からない部分で失敗することも多かったので、ちゃんと実店舗に行くようになりました。

ブランドや値段について。

最近はユニクロや無印で買うことが多いです。

断捨離を始めた2015年ごろは「良いものを長く着よう」と考えて、2〜3万円の服を買ってみたこともあったのですが、結局は着古してヨレヨレになってきますし、デザインの好みも変わってしまうので、3〜4年くらいで限界が来て捨ててしまいました。

その教訓から、1万円しないくらいの手ごろな服を、1〜2年ほどで買い替えていくようにしています。

あと、フリーサイズしかないお店やMサイズ以上しか残ってないお店も結構多い中、いつでもSサイズが買えるという点も、ユニクロや無印を重宝しているポイントです。

試着するかどうか。

試着してから買っています。

2年前までは、試着せずに買うことが多かったのですが、着心地や丈の長さなど、思っていたものと違うことも多かったので、最近はちゃんと試着するようになりました。

買い替えのタイミングについて。

のびたり黄ばんだりヨレヨレになったら買い替えます。

あとは好みが変わったり、飽きたときに。

新しい服を探すのが面倒なので、基本的には清潔感がたもてているかぎり着続けることが多いです。

アイロンがけについて。

断捨離を始めるよりも前から、アイロンがけ不要な、シワになりにくい服を選ぶようにしています。

アイロンを持っていた時期もあるのですが、数年間の間に1度しか使わず、断捨離を始めてからすぐに捨てました。

クリーニングに出すかどうか。

昔から、コートですら自宅で洗濯してしまうタイプなので、クリーニングは全然利用していません。(2年前、スニーカーとパンプスをクリーニングに出したときくらい)

服の枚数が少なくなるにつれて、1着1着を丁寧にあつかおうと思うようになってきているので、さすがにコートくらいはクリーニングに出そうかな、と最近では考えています。(本当に出すかどうかは未定)

1週間の洗濯の回数。

以前は週1、ここ1年は週2回のペースで洗濯をしています。

週1だともう少し服の枚数を増やす必要がありそうですし、週3も洗濯するのは面倒です。

というわけで週2回で落ち着いています。 

まとめ:洗濯も買い替えも着回しもラクになりました。

以上、「女性ミニマリストの1年分の服の枚数と内容」をご紹介しました。

断捨離を始める5年前と比べてかなり少なくなりましたが、当時を振り返ってみると、たくさん持ってる服のうち、実際に着まわしていたのは全体の20%くらいで、残りの80%は全然着ていませんでした。

その80%を捨てた結果が今、という感じなので、体感としては着まわしてる服の枚数は昔からほとんど変わってない気がします。

枚数が少ないと、洗濯がラクなのはもちろん、買い替えも着回しも悩むことがほぼなくなるので快適です。

現時点では自分にとってベストなラインナップになっているこれらの衣類も、仕事の仕方や生活スタイル、デザインや色の好みが変われば、この内容もさらにどんどん変わっていきます。

こうしてあらためて見直してみると、ジーンズをめったにはいていなかったり、ハンカチを全然使ってなかったり。

こんなに枚数が少ない今でも、ほとんど使ってない衣類があるわけですから、5年前の自分の衣類なんて本当に無駄だらけでした。

今後また内容が大きく変わったときは、あらためてご紹介します。

関連記事はこちら。

www.higeusen.com

www.higeusen.com

www.higeusen.com

www.higeusen.com

www.higeusen.com