みにまるなひげ

引っ越しの多いミニマリスト・イラストレーターのブログ。

【不登校経験談#3】始業式の日。家に帰れず、学校にも行けず、裏山で時間をつぶしたことがある。

f:id:higeusen:20180826110541j:plain

こんにちは。

小中学生のころに4年間不登校をしていた、

ひげです。

 

すでに2学期が始まっている人もいると思うけれど、

9月1日からの人もまだまだいるはず。

 

不登校生にとっては、

「今度こそ学校に行かなきゃ…!」

「でも行きたくない…!」

とものすごくプレッシャーに感じる、休み明け。

 

今回は、そんな始業式の日について、

当時、追いつめられた私がとった行動をつづります。

始業式の日。母親に家を追い出された。

中学生のころ、多分1学期の始業式の日のことです。

 

春休みに入ったときに、

「休み明けからは学校に行ってみる」

と言っていたため、

(休みに入るたび、毎回言っていた気が…)

母の期待も大

 

当日、励ましてくれる母を前に、

退くに引けず、制服を着て、

かばんを背負ったまではいいものの、

やっぱり行きたくなくて、

「休みたい」

と粘り始める私。

 

こんなとき、母の対応はいつも、

しぶりつつも優しく休ませてくれる」か

おこりながら諦めて休ませてくれる」かの

二択だったのですが、

 

このときばかりは母も我慢の限界だったのか、

「始業式くらい、授業もないんだし、

お昼までなんだから行きなさい!」

と、おこりながら私の背中を押して、

強引に家から追い出したのでした。

 

たかが始業式」。

そんなこと私にだってわかってる。

頭では、めちゃくちゃわかってる。

 

でも…

「されど始業式」なんだよーっ!(辛)

そして裏山へ。

「前門の虎、後門の狼」とはまさにこのことです。

 

家にも帰れないし、学校にも行きたくない。

どうすればいい…!?

 

そうだ、家の裏山で時間をつぶそう…!(!)

母が出かけるのを待って、2時間ほどで帰宅しました。

f:id:higeusen:20180828191028j:plain

母子家庭の2人暮らしなので、

母が出かけるまでの2時間ほどをやり過ごせば、

お昼まで待たずに家に帰れます。

 

登ったことがなかった裏山の、

舗装されていない道をしばらく歩き、

近くに畑があるのか、軽く舗装されて、

少し開けた場所に出たところで、

座って時間をつぶしたのでした。

 

舗装されているということは、

誰かと遭遇して、学校や親に知られたり、

トラブルに巻き込まれる可能性もあったわけで、

今考えてもヒヤリとするのですが、

 

当時はただただ、必死なのでした。

 

ちなみに、

最初はいいアイデアだと思ったこの山ごもり、

おしりは痛いし、虫は寄ってくるし、暇だしで、

その後二度とやることはありませんでした。

まとめ:こんな無茶をしなくてすむよう、「学校へ行く」発言は慎重に。 

そんなわけで、いまだに母も知らないはずの、

山ごもりのエピソードをつづってみました。

 

そんな危なっかしいことができるなら、

始業式くらい行けるだろう、と思うかもしれませんが、

当時の自分からすると、

 

山ごもりのほうが何百倍も気が楽でした。

 

とはいえ、

20年前の平和な田舎だったからまだしも、

人の来ない場所で子供が独り、というのは危ないので、

みんなは真似しないように。

こうなる前に、うまく親を説得して休んでください。

 

そして、「休み明けから学校に行く」発言を、

親を安心させるために勢いで言ってしまわないよう、

要注意…。

 

とはいえ親の「いつ学校に行くの?」攻撃は

かなりプレッシャーになるので、

つい「休み明けから…」って言っちゃうんですけども。

 

あと、もしこの記事を、

不登校生の親御さんが読むことがあったなら、

お子さんが危なっかしい時間つぶしをしないように、

学校を休むことを受け入れてあげてください。

 

学校に行けるようになるときは、

始業式だとか終業式だとか関係なく、

学期途中からでも行けるようになります。

 

ある日突然学校に行けるようになったエピソードも、

また別の記事でつづります。

 

それでは、良い不登校ライフを!

ほかの記事

www.higeusen.com

www.higeusen.com

www.higeusen.com

www.higeusen.com

www.higeusen.com