みにまるなひげ

引っ越しの多いミニマリスト漫画家「ひげ羽扇」のブログ。

【断捨離】女性ミニマリストが2022年6月に捨てたもの【部屋の交換】

f:id:higeusen:20220630205145j:image

2015年に物だらけの環境から断捨離を始めて7年。

ミニマリストになった今でもガラクタは生まれるので、ときどき持ち物を見直しています。

前回は「服」を断捨離しましたが、今回の断捨離は「部屋」。

というわけで今回は、「女性ミニマリストが2022年6月に捨てたもの」をご紹介します。

部屋の交換。

f:id:higeusen:20220630205148j:image

「捨てた」というよりも、正しくは「部屋の交換」です。

「日常に変化を取り入れよう」という提案により、夫の自室と自分の自室を入れ替えました。

といっても、元々夫も持ち物が少なめで、普段はリビングで過ごすことがほとんど。

自室にはマットと小物が置いてあるだけだったので、私のテーブルとテーブル周りのものを運び込むだけのシンプルな作業で完了でした。

クローゼットの入れ替えはまだなので、それはまた日を改めて。

まとめ。

以上、「女性ミニマリストが2022年6月に捨てたもの」のご紹介でした。

マットとカーテンが変わったくらいで、配置はほぼ同じですが、部屋に入る動線が変わるだけでもかなり新鮮な気持ちになれます。

新たな部屋のクローゼットは小さめなので、読み終えたまま積み上がっている本をそろそろ整理せねば。

前回の断捨離はこちら。

www.higeusen.com