みにまるなひげ

気づけばミニマリストになっていたイラストレーターのブログ。

【ガラクタ整理】「使うから買った」はずが、「買ったから使わなきゃ」になっていた。

f:id:higeusen:20180815001923j:plain

「使うから買った」はずが、 気が付けば、「買ったから使わなきゃ」と思い、無理して持ち続けていた物が沢山ありました。

「使うから」でなく「欲しいから」で物を買っていた。 

たとえばベッドサイドライトとテーブルです。

本来なら、

普段からよくベッドで本を読む
>ベッドサイドに卓上ライトを置きたい
>それを置くテーブルも必要

という「使う必要があるから買う」ところを、 

寝室ができたのでサイドテーブルを置いてみたい
>その上にはライトを置くと様になるなあ
>そしてベッドで読書をすれば完璧だなあ

という「使う必要はないけど、欲しいから買う」という買い物の仕方をしていました。

結局、寝る前にベッドで読書をする習慣がない私は、テーブルもライトもほとんど使わないまま。

ときどき使うことがあっても、それは「たまには使わなきゃ」と思ったからでした。

「物ありき」で買ってしまったガラクタたち。

ほかにも、 
座らずに、もたれるだけのソファー
掃除が面倒で、長らく置物状態になっている空気清浄機
1、2度着ただけでタンスの肥やしになっている洋服
など、

買ってはみたものの、結局使わず、「たまには使わなきゃな…」と思い続けていたものが沢山出てきました。

物だけでなく、仕事や人間関係も同じだった。

それは物に対してだけでなく、仕事や人間関係も同じで、

好きだからやる・付き合う」のではなく、
やる・付き合うからには好きにならないとなあ

という向き合い方をしてしまっていたことに気づきました。

まとめ

「家の中身は自分の中身」だと、改めて痛感しています。

持っているから使う」のでなく、「使うから持っている」を意識して、持ち物を見直し中です。

関連記事はこちら

www.higeusen.com

www.higeusen.com

www.higeusen.com

www.higeusen.com

www.higeusen.com