みにまるなひげ

気づけばミニマリストになっていたイラストレーターのブログ。

【ガラクタ整理】保存期間を過ぎた領収書のシュレッダーかけ。

f:id:higeusen:20190219115818p:plain

在宅フリーランスになってから、今年で8回目になる確定申告。

領収書や帳簿の保存期間は7年間なので、いらなくなった領収書類をシュレッダーにかけました。

依頼している税理士さんによると、「保存期間を過ぎても、確定申告書の控えだけは一応残しておくと良い」とのことだったので、それ以外を処分。

すっきりです。

青色申告に切り替えた数年前から、帳簿づけも確定申告も税理士さんにお願いしているため、領収書や帳簿は、いつも綺麗にファイリングされ、管理しやすい箱に入れられて戻ってきます。

ですが、自力で頑張っていた白色申告のときは、ルーズリーフにレシート類をテープで貼って、2穴ファイルに挟んで…と、ものすごく手作り感満載な帳簿だったので、ファイルが膨らんでもっこもこ。

見た目が美しくないので、「はやく保存期間過ぎないかなあ…」と心待ちにしていました。

そのためスッキリ感も倍増です。

ただ、初めて確定申告をした年は、デビューしたてで仕事がそんなになかったのと、さらには夏デビューだったので、領収書類も約半年分、と少量でした。

一番分厚いのは、申告3回目の帳簿(自分で白色申告した最後のもこもこ帳簿)なので、保存期間を終える2年後が、いまから楽しみで仕方ありません。うずうず。