みにまるなひげ

物も仕事も生き方も、シンプルに、あったかく。

【ガラクタ整理】「めんどくさがり」が「めんどくさがらずにすむ」環境づくり。

f:id:higeusen:20171220124238j:plain

いままで「めんどくさがり」は良くないことだと思っていました。

なので、「めんどくさい」ことを「めんどくさがらない」ように、いつも頑張ろうとしていたのですが、

「めんどくさい」ことは「やる必要がない」状態にしちゃえばいいんだ、と気づいてからは、一気に楽になりました。

面倒なのは、世間の「常識」や「ふつう」にこだわっていたからだった。 

「ごはんを食べるときは食器を使うもの」
「使った食器は洗うもの」

「女性は服をたくさん持っているもの」
「だから洗濯ものが溜まりがち」

などなど、いままで当たり前のように「常識」や「ふつう」にこだわっていたことに気づきました。

でも、気ままな一人暮らしなんですから、ご飯や服や洗濯のルールなんて、自分次第で好きに変えちゃえばいいんですよね。

自分の「常識」と「ふつう」を作るようになった。

それからは、自由に自分ルールを作るようになりました。

食器洗いが面倒なら、食器を使わずに紙皿を使ったり、ラップを使ったり。

洗濯が面倒なら、持ってる服を減らしてしまえば、しょっちゅう洗濯ものが溜まることもなくなります。

洗う枚数が減った分だけ、干す時間も短縮されるので、洗濯をあまり面倒に感じなくなってきました。

掃除機がけが面倒なら、家具や家電を減らすことで、掃除機や電源コードが引っかかって気が滅入ることもなくなります。

掃除すべきものが減った分だけ、綺麗にする手間も時間もかなり減らすことができました。

まとめ

「めんどくさい」の原因を断つって、とても気持ちいいです。

単純に「ラクになった」というのもありますが、それ以上に、「自分基準で決めている」という満足感も大きくて、

今では「面倒」を見つけたら、「克服する」より「手放すこと」をまず考えるようになってきています。

「我慢して克服する」だけがすべてじゃないって知ると、心が軽くなりますね。

関連記事はこちら

www.higeusen.com

www.higeusen.com

www.higeusen.com

www.higeusen.com

www.higeusen.com