みにまるなひげ

引っ越しの多いミニマリスト漫画家「ひげ羽扇」のブログ。

【2021年】今年ハマった甘さひかえめなおやつ6選【白砂糖・人工甘味料なし】

f:id:higeusen:20211119173905j:image

2015年に断捨離を始めてから6年半。

物が減るにつれて、食事の量も自然と減り、内容も身体に優しいものへと変わっていきました。

2020年下半期からは、食養についての本を読んだのをきっかけに、砂糖の摂取をできるだけ控えています。

甘いものが欲しいときは、白砂糖の代わりにてんさい糖、はちみつ、甘糀(あまこうじ)などを選んだり、砂糖を使っていないドライフルーツを食べたりしています。

今回は、「2021年にハマった甘さひかえめなおやつ6選(白砂糖・人工甘味料なし)」をまとめました。

1.トム&ルーク|フルーツ&ナッツ チョコレート。

f:id:higeusen:20211119173059j:image

まずはトム&ルークの「フルーツ&ナッツチョコレート」から。

ビーガンの方も安心して食べられる、乳製品不使用、砂糖・人工甘味料不使用、グルテンフリーのスイーツです。

ニュージーランドで人気のパーソナルトレーナーと有名シェフが開発した、ギルト(罪悪感)フリー&栄養豊富なおやつなのだそう。

f:id:higeusen:20211119173037j:image

1袋8個入りで、オリジナルダーク、ダークミント、ダークオレンジの3種が販売されています。

オリジナルダークはココナッツとチョコの風味を楽しめるプレーンタイプ。

ダークミントは名前そのままのチョコミント風味。

ダークオレンジにはオレンジの皮が入ったオレンジ風味です。

私が良く買うのはオリジナルダークとダークミント。ときどき気まぐれにダークオレンジ、といった感じです。

3種ともココナッツが使われているので、味や香りが苦手な方はご注意を。

f:id:higeusen:20211119173039j:image

チョコブラウニーをぎゅっと丸めたような食感です。一口サイズですが、意外と腹持ちも良く、チョコらしい味わいもあり満足できます。

砂糖も人工甘味料も使っていないのにちゃんと甘い理由は、デーツ(ナツメヤシの実)が使われているから。甘々が苦手なビター派の人にもやさしい甘さです。

成城石井で購入しています。

2.大塚製薬|ジェルブレ。

f:id:higeusen:20211119173102j:image

2つ目は大塚製薬の「ジェルブレ」。全粒粉ビスケットです。

保存料・着色料・ショートニング・マーガリン・人工甘味料はすべて不使用

ブラウンシュガーやはちみつを使ったやさしい甘さです。

フランスで90年以上愛されている自然派ビスケットだそう。

f:id:higeusen:20211119173050j:image

箱の中は袋で小分けされています。種類によるのですが、写真の「ハチミツ&全粒粉」の場合は5枚×4袋

1枚が結構大きく、食感も硬すぎない程度にしっかりしているので、2、3枚で結構満足できます。

半端に余ったビスケットは、付属しているジッパーバッグ(ジップロックのような密封小袋)に入れて保存可能です。

全8種のラインナップは以下。

・全粒粉ビスケット
・大豆&オレンジビスケット
・ケシの実&レモンビスケット
・イチジク&ブランビスケット
・ハチミツ&全粒粉ビスケット
・プルーン&イチジクビスケット
・アップル&ヘーゼルナッツビスケット
・レーズン&ヘーゼルナッツビスケット


私が食べたことがあるのは「ケシノミ&レモン」「イチジク&ブラン」「ハチミツ&全粒粉」です。どれもリピートしていますが、「ハチミツ&全粒粉」が一番好きです。

実店舗ではカルディで購入しています。

3.(有)もとや|倉敷おからクッキー。

f:id:higeusen:20211119173047j:image

3つ目は(有)もとやの「倉敷おからクッキー」です。

岡山県産の小麦粉と米粉、国産大豆のおからと豆乳にこだわった、自然派クッキー

砂糖は鹿児島県産の粗糖が使われています。かむほどにじんわり甘さが染み出す、やさしい甘さです。

f:id:higeusen:20211119173042j:image

小麦粉も乳も不使用のグルテンフリーな米粉シリーズや、ハーブ入り、味噌や醤油などおつまみ系味、ダイエッター向けの硬めなものまでラインナップ豊富です。

私はドラッグストアで購入していまして、見かけたこと&食べたことがあるのは以下4種。

・プレーン・チョコチップ・ココアの3種入り
・レモンチョコ・キャラメルチョコ・ストロベリーチョコの3種入り
・米粉プレーン
・プロテイン入りのプレーン・チョコチップ・ココアの3種入り

 

どれもリピート買いしています。お気に入りはプレーン・チョコチップ・ココアです。

私が購入しているシリーズはマーガリン(無添加)が使われているので、トランス脂肪酸が気になる方はご注意を。動物性をできるだけ使わない配慮かと思います。

そんな方のために、バター(北海道産)を使ったラインナップもあります

f:id:higeusen:20211119173054j:image

1枚のサイズは小さめですが、ほどよい歯ごたえがあるので、3枚くらいでも満足感が味わえます。

パッケージ裏によると、1食を置きかえる場合は8枚が目安だそう。

4.丸成商事|おいしいほしいも紅はるか。

f:id:higeusen:20211119173057j:plain

4つ目は丸成商事の「おいしいほしいも紅はるか」です。

パッケージに「自然の甘さそのまま」とあるように、原材料は国産の紅はるかのみ。砂糖はもちろん添加物も不使用です

f:id:higeusen:20211119173044j:plain

今年(2021年)に限らず、子どもの頃から干し芋が好きなのですが、近年は中国産の芋を使ったものも多く、国産さつまいもの干し芋は結構貴重です。

スーパーやコンビニで購入しています。

干し芋だけでなく、スーパーの焼き芋を買う時も。蜜たっぷりのトロトロ系が好きです。

5.共立食品|素焼きミックスナッツ。

f:id:higeusen:20211119173052j:image

5つ目は共立食品の「素焼きミックスナッツ」。食塩不使用です。

甘さのないおやつが食べたいときの定番です。

中身はアーモンドとカシューナッツとくるみの3種

くるみがうつ予防に良いと教えてもらい、2015年頃から継続して食べています。ナッツは脳の働きにも良いのだとか。

ドラッグストアで購入しています。

6.イチジクのドライフルーツ。

6つ目はイチジクのドライフルーツです。メーカーにこだわりはないのですが、濡れているタイプのものでなく、乾いたタイプを選んでいます。

ドライフルーツって、マンゴーやイチゴなど砂糖を使ったものが多いのですが、イチジクは砂糖不使用、原材料名も「イチジク」のみのものがほとんど。

1個食べるだけで満足なほど、イチジク自体の自然な甘さが凝縮されています。プチプチとした食感も楽しめます。

たまに砂糖を使ったイチジクドライフルーツもあるので、毎回パッケージ裏を要確認です。スーパーやドラッグストアなどで購入しています。

まとめ。

以上、2021年にハマった甘さひかえめなおやつ6選(白砂糖・人工甘味料なし)」でした。

原材料が自然派なだけあって、価格はやはりそこそこします。

昔だったら間違いなく1日で食べ切っていたくらいの内容量なので、一見おやつ代がかさみそうですが、今は1日2〜3枚/粒食べたら満足するようになりました。

おやつを食べない日もあるので、かかってるおやつ代は昔と同じか昔以下になっています。

砂糖断ちに慣れてくると、シュークリームやショートケーキなどの砂糖たっぷりおやつを食べたときに眠気や胸焼け、頭が重くなったりと、体の変化が良くわかるようになりました。

2021年はものごころついて以来、人生で初めてお店でアイスもコーラも買わなかった年でした。

といっても厳密にやると大変なので、たまにはジャンクなおやつも食べてます。

 

 

 

 

 

関連記事はこちら。

www.higeusen.com

www.higeusen.com

www.higeusen.com

www.higeusen.com

www.higeusen.com