みにまるなひげ

引っ越しの多いミニマリスト漫画家「ひげ羽扇」のブログ。

【断捨離】女性ミニマリストが2021年1月に捨てたもの4つ【我慢して使っていたもの】

f:id:higeusen:20210131221209j:image

物だらけの状態から断捨離を始めて5年半。

ミニマリストになった今でもガラクタは溜まるので、ときどき持ち物を見直しています。

前回12月は「美容・おしゃれアイテム」をメインに断捨離しましたが、今回1月のメインは「我慢して使っていたもの」。

今回は、「女性ミニマリストが2021年1月に捨てたもの4つ」をご紹介します。

1.電源タップ。 

f:id:higeusen:20210131215746j:image

まずは電源タップから。エレコムの「雷ガード」6個口です。

テーブルに置くには大きすぎて場所を取るので、床に置いて使ってきたのですが。

電源タップ周りにホコリが溜まりやすくて、床掃除の時に本体やコードを持ち上げるのが毎回面倒だったんです。

「テーブル置きできるようなコンパクトな電源タップ欲しいなー、でも今のもまだ壊れたわけじゃないからなー」と迷いながら使い続けること数ヶ月。

電源タップの交換目安は3〜5年のようですし、購入から4年近くたった今、思い切って買い換えました。

f:id:higeusen:20210131215750j:plain
▲左がエレコムの雷ガード、右がエレコムのroo't(ルオット)。 


今回購入したのはエレコムの「roo't(ルオット)」4個口です。

いままで使っていた「雷ガード」(6個口)と比べると、かなりコンパクトになりました。なにより丸くてかわいい…!

f:id:higeusen:20210131215949j:plain

手乗りサイズです。

f:id:higeusen:20210131215755j:image

テーブルに置くとこんな感じ。これくらいのサイズなら、テーブルの上に置いてもスペースを取りすぎず問題なしです。

f:id:higeusen:20210212055947j:image

コードで散らかっていた床もスッキリとして、掃除がラクになりました。

 

2.ジーンズ。

f:id:higeusen:20210131215946j:image

2つ目はジーンズです。

5年くらい持っていまして、お店で試着した時からウエストがキツかったのですが、当時は太っていたので、「痩せるにつれてゆるくなるだろう」と思い、あえて購入。

痩せたらキツさはなくなると思っていたのですが、その後標準体重以下(マイナス10kgほど)まで痩せた時も相変わらずキツいまま。

キツさの原因は脂肪ではなく、そもそも自分の骨盤サイズに合ってなかったんだとわかりました。

とはいえ、年に2回はくかどうかという使用頻度なので、わざわざ買い換えるほどでもないかな、と思い保管し続けていたのですが、やっぱり気になるのでついに処分。

今のところ代わりのジーンズを買う予定はナシ。必要になったら買いに行きます。

3.口紅。

f:id:higeusen:20210131215953j:image

3つ目は口紅です。エテュセのティントルージュ01ブライトレッド。

自分には明るい赤過ぎました…。実際に唇に塗ってみないとわからないものですね。口紅ビギナーすぎて、自分に合う色がまだよくわかってないというのも敗因です。

買ってすぐ捨てるのももったいない気がしますし、かといって代わりに使ってくれる人も身近にいないので、せめてもう少し使ってから…としばらく粘り、捨てました。

4.保管していた本。

f:id:higeusen:20210131215943j:image

4つ目は保管していた本のひとつ。こちらは我慢して持っていたのでなく、3年たったので手放しました。

石井ゆかりさんの占いが好きでよく読んでます。やさしく前向きに書かれているので安心して読めるのが魅力。2021年〜2023年版の「3年の星占い」は、Kindle版で買いました。

ちなみに占いを楽しむときは、良い部分を見てモチベーションを上げて、悪い部分はちゃっかりと忘れる派です。最終的に良い部分の内容も忘れちゃうという。

まとめ。

以上、「女性ミニマリストが2021年1月に捨てたもの4つ」をご紹介しました。

断捨離慣れした今でも、あれこれ迷った結果、つい我慢して使い続けてるアイテムが時々発生します。早いか遅いかの違いで、最終的には手放すんですけどね。

関連記事はこちら。

www.higeusen.com

www.higeusen.com

www.higeusen.com

www.higeusen.com

www.higeusen.com