みにまるなひげ

引っ越しの多いミニマリスト漫画家「ひげ羽扇」のブログ。

【断捨離】女性ミニマリストが2023年12月に手放したもの【名刺と本】

2015年に物だらけの状態から断捨離を始めて8年半。

ミニマリストになった今でもガラクタは生まれるので、時々持ち物を見直しています。

前回は「トイレブラシ」を新調しましたが、今回は「名刺と本」を断捨離。

女性ミニマリストが2023年12月に手放したもの」をまとめました。

1.名刺

まずは名刺から。自分の名刺を持つのをやめてみることにしました。

自宅にいながら、メールのやり取りだけで完結してしまうので、名刺をやり取りする機会がほとんどなく、仕事関係者と名刺交換するとしても、一緒に仕事をしたあとの話。

2018年に作った名刺100枚中、今までに渡したのはほんの20枚。

よく考えてみると、初対面で交換した名刺をきっかけにお仕事が発生した経験は、漫画家デビュー以来15年間、1度もないことに気づいてしまいました。(全部メール問い合わせor電話からのスタート)

これは…名刺持つ必要がないパターンだ…!

実は10月の断捨離で名刺ケースを手放したときから、名刺自体の断捨離も考えていて、このたびついに決心。

残っている名刺は裏面をメモとして消費してから処分しました。

www.higeusen.com

2.本

たまった読了本も、少しずつフリマ出品して手放し中。

寒い季節になると断捨離の腰が重くなる、というのもあるのですが、読み終えてすぐでなく、たまってから手放すのがいつもの流れになりつつあります。

まとめ|3月の紙断捨離まつりが近づいてきました。

以上「女性ミニマリストが2023年12月に手放したもの」の紹介でした。

毎月絶対何か断捨離するぞ!と思っているわけではないので、たまには断捨離なしの月もあるだろうな、と思っていたのですが、今年もなんだかんだで毎月何かしら処分したり新調したりした1年でした。

新年が目前のこの時期になると、毎年3月の帳簿書類の断捨離祭りが視野に入ってきて、ソワソワし始めます。楽しみ…!

来年もゆる〜くコツコツと持ち物と向き合っていきます。

www.higeusen.com