みにまるなひげ

物も仕事も生き方も、シンプルに、あったかく。

【ガラクタ整理】カーテンの断捨離。

f:id:higeusen:20180108104031j:plain

レースカーテンと普通のカーテン。

この両方を掛けるのが、私の中の「当たり前」でした。

だからこそ、今まで何の疑問も持っていなかったのですが、どんどん物を処分していく中で、「カーテンを洗濯しよう」と取り外しているときに、ふと

「カーテンの付け外しってめんどくさいよなあ。いっそレースカーテンだけでいいんじゃ?」

と感じて処分。(※遮光が必要な寝室以外)

考えてみると、外から透けて見えにくいレースカーテンを使っていますし、マンション自体も自分の部屋も、外から覗かれる心配がまずない立地と階数なので、レースカーテンだけにしても支障はなく。

さらに振り返ってみると、それまで「両方のカーテンを掛けるのが普通」と思っていただけでなく、

「室内で日焼けするの嫌だし…」
(レースカーテンにUVカット機能がついてるのに「100%カットじゃないから…」と不安だった)

「窓近くのPCやTVが直射日光で壊れたら困るし…」

「睡眠時間を削って仕事してるのに、太陽の光を浴びたら体内時計が調整されて眠くなるし…」

「透けにくいと言いつつ、実は割と外から透けて見えてるんじゃ…?」

という過剰な心配が根本にあったことに気づきました。

レースカーテンのみにしたことで、部屋の明るさが増して、見える景色も広がり、季節ごとに昇る場所が変わっていく太陽や月を観察する楽しみも発見できて、とても気持ちがいいです。

なにより、ずっとカーテンを閉め切っていた部屋の窓から、松山城が見えるということに気づいて驚きました。

今の部屋に引っ越してきてから5年以上経つのになあ。