みにまるなひげ

気づけばミニマリストになっていたイラストレーターのブログ。

【ガラクタ整理】唯一残していた本棚の断捨離。

f:id:higeusen:20171226180350j:plain

元々は2つあった、天井まで届く高さの本棚。

それでも足りなくて、本棚からあふれた本や雑誌が、あちこちの収納棚に侵食していました。

その後、断捨離を機に、何度も読み返している本だけを残したら、本棚がスカスカに。

脚立がないと手が届かない本棚上部をまず解体処分し、ついには一方の本棚を処分。 

www.higeusen.com

そうして残った唯一の本棚ですが、引っ越しを機に処分しました。

テレビと同じく、こちらも買い替えを視野に置いての処分です。 

www.higeusen.com

関東は地震が多いようなので、背の高い家具は置かないようにしよう、というのがひとつと、

組み立て家具の上部を取り払うという、不格好な見た目になっていたので、わざわざお金をかけて新居に持って行きたくないな、というのがひとつ、

そして、引っ越しが決まる前から、中身が30冊くらいにまで絞られていたので、何百冊も収納できる大型の本棚は持て余していた、というのが処分の理由です。

いままでの本棚は、安さや収納量を優先して、デザインや素材や色は妥協して選びがちだったので、次に買うときはしっかり吟味するつもりなのですが、

いま現在、空いている棚の引き出しに問題なく収まっているので、新しく本棚を買うのは、手元に残す本が引き出しに収まらなくなってからで丁度いいな、と考えている次第です。

関連記事はこちら

www.higeusen.com

www.higeusen.com

www.higeusen.com

www.higeusen.com

www.higeusen.com